fbpx

自作の液体抗菌ハンドソープの作り方

もうすっかり秋も深まってきましたが、天候の変化はすぐに起こりそうです。今年の初霜はもうすぐやってくるでしょう。多くの地域では、ハロウィンの直前か直後にこの現象が起こります。急激な天候の変化と忙しい現代生活の中で、私たちは時折、何の準備もせずに、風邪やインフルエンザにかかって寝込んでしまうことがあります。

自分や大切な人を守ることの大切さを知ってください。

水分補給、十分な睡眠、バランスのとれた食事などの基本的なことに加えて、私たちは頻繁に手を洗うことを習慣づける必要があります。私たちが日常生活で触れている汚れや細菌の種類は驚くほど多いものです。手を清潔に保つことは、病気にならないための最も重要なステップの1つですから、真剣に取り組まなければなりません。

2015年10月15日は「世界手洗いの日」でした。CDC(アメリカ疾病予防管理センター)は、手洗いは病気を未然に防ぐことができる「自分でできる」ワクチンだと言っています。

手作りエッセンシャルオイル液体ハンドソープ

だからこそ、毎日何度も石けんで手を洗って、自分自身を守ることがとても大切です。しかし、スーパーでパラベンやトリクロサン、硫酸ナトリウムなどの発がん性化学物質を含んだ人工的な製品を買うのではなく、シンプルでナチュラル、安価で効果的なDIYハンドソープの作り方をご紹介しますので、節約と病気対策の両方にお役立てください。

最も興味深いのは、ユーカリ、ローズマリー、レモン、ペパーミント、ティーツリーなどのエッセンシャルオイルは、天然の防腐剤、抗菌剤、抗真菌剤であるため、私たちを病気にする可能性のあるものを殺すのに非常に適しているということです。

「オレガノオイルで悪玉菌を殺し、シナモンオイルで善玉菌をサポートしています」 アトランティック誌では、アメリカの産業界がエッセンシャルオイルを使って、ゆっくりと抗生物質の代わりにしている様子を掲載

安くて、自然で、性能が良くて、天国のような香りがするものを作る方法を教えましょう。

まず、ほとんどのものが簡単に手に入るので、次のものから始めてみましょう。

  • カスティールリキッドソープ(無香料):こちらでは、非常に優れたバルクサイズの製品を購入することができます。この大きなサイズを購入すると、非常にお得なだけでなく、メーカーは有名で、成分はすべてとてもシンプルで自然なものです。また、植物性のグリセリンやホホバといった天然のキャリアオイルなど、シンプルで便利な成分が含まれていますので、潤滑効果も期待できます。

容器の中には、約3/4の液体石鹸を入れることをお勧めします。

  • エッセンシャルオイル:自分でDIYハンドソープを作ることの面白さ、楽しさの1つは、それぞれの場面や場所に合わせて香りを選べることです! 朝はレモンやペパーミント、オフィスではバッグの中に入れて、夜は家でラベンダー、ローズマリー、ローズゼラニウムなど。

エッセンシャルオイルは素晴らしい香りがします

虫除けとしてシトロネラを入れてもいいでしょう。シナモンやスイートオレンジもいいかもしれません。

​​エッセンシャルオイルを3%以下に希釈して入れるようにしてください。20滴で1mlとすると、100mlのボトルには最大60滴まで入れることができます。最初は20滴から始めて、お好みの香りになるまで追加してください。

このような便利で小さな携帯用容器(エッセンシャルオイルを3%以下に希釈した場合はプラスチック製でもOK)や、こちらこちらのような素敵なガラス製の容器を2つ用意して、車やバッグ、職場や自宅に1つずつ置いておくといいですね。

  • 蒸留水(または沸騰させたお湯)を少しだけ加えます。好みの濃さにするために、水を少し加える必要がある場合もあります。石鹸とエッセンシャルオイルを入れた容器に、約1/4の蒸留水を加えるとよいでしょう。よく振ってからお楽しみください。

市販のハンドソープよりも粘度が低いかもしれませんが、発音できない約50種類の化学物質は含まれていません。また、泡を立てれば、同じように手を洗うことができますが、有害な副作用はありません。お友達やご家族にも教えてあげてくださいね。DIYハンドソープはギフトにも最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。